自分から歯のことを説明しだしたんです!

 

アカデミーで教えてもらったことを、

家で小2の息子になにげなく話したところ

スタスタと、一人で洗面台にいって、

歯磨きをし始めました。

 

 

そして、
「前歯は”かむは”。奥は”うすのは”、

ドラキュラの歯(犬歯)は”さすは”
うすにゴミがたまるから、よくみがかなきゃ。」

「歯茎の間にいる虫歯菌は、プラークっていうんだよね。」

 

 

自分から歯のことを説明しだしたんです!
彼の中での関心度が上がった瞬間でした。

 

 

普段の何気ない会話から、こんな変化が見られるなんて、

本当にびっくりです。

今は歯磨きはすてきなクオリティータイムになりました。

 

 

 

Tokyo Soba Kitchen 主宰
野中 朝子さん

 

 

野中さん、ありがとうございました!

 

 

 

もっと詳しく知りたい!学びたい!

という方はこちらで

おやつタイムに発信中♬

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
お客様の声
歯磨きタイムが「やらなきゃ!」から「やりたい♡」に変わりました。
歯磨きタイムが親子の会話に変わる瞬間
その日から歯磨きにかける想いが変わり、歯磨きが息子との毎日の大切なコミュニケーションの時間になっています。
子供達が自分で歯磨きをするように なりました。
自分から歯のことを説明しだしたんです!
子どもの歯に対して不安だった気持ちがすっと楽になりました。
この状態は当たり前ではなく、様々なアプローチ法、 取り組み方を知ることができました。
小さいころからの習慣がその子の一生の習慣になる
歯に対しての意識を高め、毎日の歯磨きをもっと大事にして虫歯や歯周病をもうつくりたくない。
   
よく見られている記事
カテゴリー
  • コミュガキを学ぶ
  • お客様の声
  • プロフィール
  • 無料メルマガ
  • ホワイトスマイルセミナー
  • ホワイトスマイル個別相談会
  • タグ
    新着一覧