歯磨きが好きになる歯ブラシの選び方

 

こんにちは。

むし歯知らずの白い歯に育てる

ホワイトスマイルアカデミー主催

コミュガキ専門家

伊藤和歌子です。

 

 

 

歯磨きの時間になると、逃げていなくなる! 

 

歯ブラシを見ただけで、泣いてしまう! 

 

  

 

 

もしかしたら、それは

 歯ブラシのせいかもしれません。

 

 

 

 

はぶらし、どんな基準で選んでますか? 

 

 

 

 

歯医者さんのおすすめ? 

 

キャラクターもの? 

 

買い物ついでになんとなく? 

 

 

 

 

歯医者さんには3ヶ月に1度通っていて

おすすめの歯ブラシ買ってるよ。

と言う方も

近所で購入すること、ありますよね? 

  

 

 

 

 

そんな時に、みてほしいポイントはこちら! 

 

 

 

==================

『たわしを探そう! 3つのポイント』

 ==================

 

 

1、毛先のカット

2、毛束の数

 3、毛の硬さ

 

 

 

 

 

1、毛先のカット :毛先がギザギザしているものより

  

 『毛先が均一なもの 』を選びましょう。

 

 

 

 

 

2、毛束の数

 

歯ブラシの毛先をうえからみた図

 

 

 

     密集しているもの(左)

 

 

 

 

3、毛のかたさ

 

 

  ふつう~やわらかめ

 

 

毛が硬いと、歯茎に当たった時

痛い!=歯磨き嫌い!に。

 

ここは避けたいですね

 

 

毛のかたさは、

『0~2才用』はお口にやさしい「やわらかめ」

『3~5才用』はきちんと磨ける 「ふつう」

がおすすめです。 

 

 

 

この3つのポイントに当てはまるもの

 

そう、

 

 

 たわし!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯磨きがイヤイヤになる歯ブラシは

 

 

 

    デッキブラシ!!! 

 

 

 

キャラクラーものはこのデッキブラシにあたることが

多いです。

 

 

 

 

そして、たわしは

 

 

「しま○ろうのクリアクリーン」

 

 

 

 

「ミッ○ーのクリニカ」

持ち手がしなる設計

 

 

 

こどもには、安心設計。 

 

が、仕上げ磨きには不向き。 

 

曲がってかえって磨きにくい・・。

(体験談)

 

 

 

 

 

 

番外編

 

私が歯医者さんのはぶらしの中でオススメはこちら

 

 

 

オーラルケア

タフト 17 

 

 

 

磨きやすさ、汚れの落ち方、コスパ

総合して使い続けやすいですよ。 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
お客様の声
歯磨きタイムが「やらなきゃ!」から「やりたい♡」に変わりました。
歯磨きタイムが親子の会話に変わる瞬間
その日から歯磨きにかける想いが変わり、歯磨きが息子との毎日の大切なコミュニケーションの時間になっています。
子供達が自分で歯磨きをするように なりました。
自分から歯のことを説明しだしたんです!
子どもの歯に対して不安だった気持ちがすっと楽になりました。
この状態は当たり前ではなく、様々なアプローチ法、 取り組み方を知ることができました。
小さいころからの習慣がその子の一生の習慣になる
歯に対しての意識を高め、毎日の歯磨きをもっと大事にして虫歯や歯周病をもうつくりたくない。
   
よく見られている記事
カテゴリー
  • コミュガキを学ぶ
  • お客様の声
  • プロフィール
  • 無料メルマガ
  • ホワイトスマイルセミナー
  • ホワイトスマイル個別相談会
  • タグ
    新着一覧